• ホーム
  • 血圧を安定させるためにも安定した食生活

血圧を安定させるためにも安定した食生活

血圧を測定される患者

最近は、高血圧をきっかけとした様々な生活習慣病が問題になっています。
しかし日常の安定した食生活に気を配ることによって、血圧を安定させることが出来るとされています。
そして、それを可能にする具体的な成分というのが、カリウム、マグネシウム、カルシウムをはじめとした、豊富なミネラル類を含む食物だという事がわかっています。
まずカリウムが多く含まれている食材をあげると、代表的なものにほうれん草、ジャガイモやさつまいもなどの根茎、さらには果物でいうならばアボカドやバナナ等がオススメです。
毎日かかさずに食べるということは難しいかもしれませんが、他にも大豆や小豆などの豆類は合わせてイソフラボンなどの成分もとれることでオススメですし、ヒジキやわかめなどのマグネシウムが豊富な海藻類も健康上欠かせないです。
最後にカルシウムが豊富なことで有名な牛乳やヨーグルトなど乳製品もおすすめ製品のひとつです。
さて、これらのミネラルとともに、最近注目されているパントテン酸が含まれているローヤルゼリーが血圧の安定化に利用できるのです。
このパントテン酸とは、血管の掃除をしてくれるので、血液の流れがスムーズになり、血行促進、そして血圧低下の効果が期待できます。
つまり、パントテン酸を摂取することで、血圧を健康な状態に導くことができるのです。